Diary of Amsterdam - part 2

4/2、独りで三日間の堕らしない時間を過ごし、Amsの街の大体の地図と方向感覚が身に付く。
2,April, I spend the time wasted for 3 days, I'd known the sense of direction and approximate map of the AMS city.

相方を空港まで迎えに行き、少し街から遠いホテルへ場所を移す。
Go to airport to meet my partner, we moved the location of hotel to a little far of the city.

車で15分も走れば、東京ではあり得ないくらい長閑な風景が見える。
Moving 15 minute by a car, there is so calm landscape that is different from Tokyo.

chimny.jpg

Ams centralから電車で4、50分くらいの場所にDen haagという街があり
Holland has city "Den haag" where is far from AMS central taking train for 40,50 minute.

友人のR氏のお勧めコースでも在った為、行ってみる。
We went to Den haag,cuz my friend's recommended place.

ここは、国会議事堂や各国の大使館などがある政治の中心地。
Here is political center,billed House of Parliament and foreign embassies.

アムステルダムより清閑な街の風景で行き交う人々も品が良い。
The city of view looks like more elegant than AMS, even walking people too.

cafeで一服した後、マウリッツハイス美術館へ行ってみる。
After cilled at cafe, we went to Mauritshuis Museum.

美術館そのものが17世紀、マウリッツ伯爵という人の私邸だったらしく、
分厚い赤絨毯が敷かれた階段はほんの少しだけ傾斜が在ったりして、年代物
の建築物が持つ独特の味を節々に備えている。
In 17 century,The museum was private residence of count Mauritshuis.
Compound has the unique taste of vintage buildings around here somewhere,
for example, the thick red carpet stairway has slightly slope.

鑑賞者を頭の中から消し去れば、数世紀前の豪邸に招待されたかのような感覚
を味わう事が出来る。
If you depart from your mind off the viewer, you can feel as invited
to great residence a few century ago.

はじめのうちは現実感の無い空気に旨くなじめず、粗相が無い様に気を使う
事で精一杯。
At first,I feel no sense of reality, I work hard to use the utmost care
"Don't clumsiness!"
but,next moment, I was eating Banana...

絵画鑑賞に気もそぞろといった感じだったのですが、さすが美術館に置いて
ある絵というのは凄い物で、人が少ない絵の前に行っては食い入るように
見てしまった。
Of course joke ♪
actually, I couldn't concentrate to art appreciation.But, The museum
pictures are truly great, so that, gradually I watched devour a picture
which was watched few people.

コレクションにはレンブラント、フェルメール、ルーベンスと云う画家の
絵があり、元々あまり興味が無かった(知らなかった)僕は、フーンという
感じで見て回っていた。細かい部分を見て行く内に次第に楽しさが少し解る
様な気分になって来た、というか、古典的な絵画を観て色々と考える時間も
そう悪くないと思える様になって来た。
The museum collections are drew by famous artist like Rembrandt,Vermeer,
Rubens,etc... I was not so familiar that I rounded like taking a walk
at fast. but, I was becoming to understand of fun when watching the detail,
or rather I feel nice imagination with classic art.

例えばこんな感じ。
Like this...

恐らく17世紀以前の戦争の絵が在る。鉄砲隊、槍、騎馬隊、歩兵が各部隊毎
に激しく戦っている絵で(誰のなんと云う絵かは忘れてしまったのだが。。。)
馬の息づかいや死体、戦う戦士の表情なども鮮明に画かれた迫力のある素晴ら
しい絵だ。
There is picture of war about 17 century or more ago.
(unfortunately I forgot who's picture,what name of.)
Musketeers, spear corps, cavalry,infantry who fought each unit per.
Horse breath,dead body,and face of powerful warrior depict so clearly.
That is great painting.

前線での衝突は最も緊迫していて、土埃が舞い、命のやり取りをしている男達
の形相から、プライドと宿命と家族や属社会への愛が、迷いも無く彼を其処に
起たせている事を伺わせる。
Impact on the front line of them has most intense, soil dust flies,
also we could notice that they stand in the place without any hesitation
from the looks of men with an exchange of life.
that the reason why they could fight is pride, destiny, love for family
and belonging to society.

少し視点をずらすと、別の部隊が同じような事をしていて、大小は在るにせよ
3、40人毎に部隊が編成されている様だった。丘の上には庭園の中の良く刈
り込まれた植木の様に、列を揃えて備える部隊もある。
And slightly shifted perspectives, the other units are same.
One unit is organized by 30,40 people more ore less.
On the far side hill, there are some units like the plants
in well manicured gardens.

一昔前の戦争の風景を、これほどまじまじと観たのは初めてな気がした。
I feel this was the first time watching intently about the landscape
of the war a few century ago.

今まで僕は軍師や指揮官と呼ばれる人達が果たして言う程凄い機能を果たして
いたのか?と少し疑問に感じる節があったのだが、これなら将棋やチェスの様
にシュミレーションを建てたり、相手の裏をかくなんて事も可能だ。
I doubt whether the man called strategist or commander did great act
like people saying. but I could find out the answer from this picture.
Each unit like chess or Japanese"shougi-game",It could assuming and
outsmart the other.

欧州諸国のサッカーも似たような物で、チーム毎の個性は在れど、此れの延長
線上にあるからあんだけヒートアップする訳ね〜。。。
In a similar thing in European football,I think there are on the same
railway, it's reason to heat up, but they have originality on each team
and each player...

とか。
hoo〜,so long.

閉館まであまり時間がなかった為、それ程ゆっくりは出来なかったが
自己中な解釈と妄想を膨らまして悦に浸るには中々良い場所だった。
I didn't have enough time to watch everything, because closing time came.
It's good place to soak my mind as free!


外に出ると夕日が奇麗でたまたま生演奏をしているcafeが在ったので少し休憩し、
When we got out museum,very beautiful sunset!
and, we found cafe where have jazz live.so took a few glasses of wine.

jazz cafe

最初は寒いから止めておこうと思っていたスフェベニンゲンのビーチにも足を伸ばす。
We went to beach "Sufebeningen"! (We thought we couldn't go there by cold)

本当は美術館よりビーチで一服が僕の目当てだったので、行けて良かった。
I was happy to chill in the beach!
That's why, it match me than Museum.

beach01.jpg

beach02d.jpg

beach.gif

Topic : Diary
Genre : Diary

Post a comment

Private comment

No title

とってもいい写真だね~

レンブラント、フェルメールは上野で見て感動したよ。
現地で見てみたいっす。

No title

当たり前の話だけど、そういう人達って物凄く絵が巧いのね。。
Amsではゴッホ美術館に凄く行きたかったんだけど、
easterと他の美術館の休館日と重なって長蛇の列。
行けなかったのが心残り。

No title

楽しみに読んでるよー。
とりあえずこのエントリーの戦場妄想にヤラレタ。
場面描写もさることながらそこからサッカーにつながる展開がイイ。
プレミア生観戦レポも機会があったら是非実現しておくれ。
しかしビーチでチルってうらやま~。

No title

最近、自由時間がタップリあるからブログ更新しちょりますw
プレミアリーグは居るうちに一回は行ってみたいな〜。
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

Counter